国立保健医療科学院HOMEへ > 国際協力 > 「地域健康教育ワークショップ」

国際研修「地域健康教育ワークショップ」を開催(2010年8月30日〜9月9日)

地域健康教育ワークショップが、8月30日から9月9日までの9日間にわたって国際協力室兵井伸行の担当のもと実施されました。
今回は、イラク、中国、ラオス、ソロモン諸島、ミャンマー、インドネシア、日本から計19名が参加しました。
このワークショップは、開発途上国の保健医療の状況に応じた具体的な健康教育を実施する上での基礎的な知識、技能の習得とともに、実務の中で活用するマネイジメント能力の形成、および、参加型技法についても実際の演習、グループ作業を通じて習得することを目的としています。

地域健康教育ワークショップ