国立保健医療科学院HOMEへ > 国際協力 > 第8回WHO・国立保健医療科学院共同開催研修(NCD研修2013)

第8回WHO・国立保健医療科学院共同開催研修(NCD研修2013)

世界保健機関西太平洋地域事務局(WPRO)と本院が協力しアジア太平洋地域の国々の専門家を対象に「生活習慣病対策」の域内ワークショップが行われました。
今回のテーマは、「生活習慣病対策」におけるリーダーシップとアドボカシィの強化でした。

開催期間  平成25年12月9日(月)〜12月13日(金) 5日間

参加国  9カ国
      (ブルネイ、カンボジア、中国、フィジー、ラオス、マレーシア、モンゴル、フィリピン、ベトナム)

参加人数  19名

WHO・国立保健医療科学院共同開催研修 WHO・国立保健医療科学院共同開催研修