トップ > 一般用トップ > 事故についての一般情報 > 年齢別に多い事故(1〜2歳)
0〜1歳  1〜2歳   3〜6歳
 わが国では、1〜2歳の子どもが事故のために毎年300人近くが死亡しています.死亡事故1件に対して死亡に至らないものの医療機関を受診するような事故はその2000〜3000倍発生していると推定されています。これらのうち1/2〜2/3は保護者のちょっとした注意で防ぐことが可能です。
 自分の子どもの発育を知り、現在どれくらいのことができるのかをよく知らないことから事故は起こります。この年齢になると子どもは歩きはじめ、走り、よじ登り、飛び上がり、全てのものに興味を持つようになります。この年齢は一生のうちでも、最も怪我の多い時期です。しかし、この年齢はまだ自分で身を守ることはできません。あなたが守ってあげなければ、いつでも事故が起こりうることを肝に命じておいてください。同時に、何が危険か安全かについて少しづづ話してあげてください。

1)転落(階段)
2)転落(ベビーチェア―)
3)溺水(浴槽)
4)誤飲(タバコ) 5)誤飲(薬品)
6)やけど(食事)
7)やけど(ストーブ)
8)交通事故(自動車同乗中)  

1)転落(階段)



子どもが一人で階段の中に入れないように、階段の上下に柵を設置するようにしましょう。また、格段に滑り止めをつけたり、証明を明るくすることもよいでしょう。子どもと一緒に階段を登り降りする際には、常に子どもの下側を歩き、転落に備えましょう。

▲ このページのトップに戻る ▲

2)転落(ベビーチェア―)



ベビーチェア―は安全のよいものを選び、必ず安全ベルトをするようにし、転落事故を防ぎましょう。

▲ このページのトップに戻る ▲

3)溺水(浴槽)



子どもは水遊びが大好き。しかし、浴槽、バケツの水、浅いプールなどでも、子どもだけで遊ばせておくのは大変危険です。たった数センチほどの水深でもおぼれることがあります。風呂場には必ず外鍵をかけ、また、浴槽に残し湯をしないようにしましょう。

▲ このページのトップに戻る ▲

4)誤飲(タバコ)


この時期の子どもは何でも口に物を入れるようになります。誤飲しやすいものに、タバコ、薬、化粧品、洗剤、防虫剤などがあります。これらのものは子どもの手の届かないところにしまうようにしましょう。

▲ このページのトップに戻る ▲

5)誤飲(薬品)



トイレや浴槽の掃除用洗剤は、強い酸やアルカリ性のものが多く、これを誤飲してしまうと、命にかかわるような重大事故になる危険があります。これらは、子どもの手の届かない所か、鍵のかかるところにしまうようにしましょう。

▲ このページのトップに戻る ▲

6)やけど(食事)



食卓にある、お茶やコーヒー、めん類、味噌汁なども子どもが不用意に手を出すとやけどの危険があります。また、テーブルクロスを引っ張って、食卓にのっていたものを頭から浴びることもありますので、この時期はテーブルクロスの使用はひかえた方がよいでしょう。

▲ このページのトップに戻る ▲

7)はさむ事故(ドアー)



ドアと壁のすき間に指などをはさむ事故も多くなっています。勢いよく閉めたりすると、骨折や切断などの大きな事故につながります。子どもがドアのそばにいる時には注意しましょう。

▲ このページのトップに戻る ▲

8)交通事故(自動車同乗中)



子どもを車に乗せる時は、いつでもチャイルドシートを使うことが大切です。後部座席中央に正しい方法でしっかりと固定するようにしましょう。また、車の中でふざけさせないことも、安全運転する上で大切です。

▲ このページのトップに戻る ▲
トップ > 一般用トップ > 事故についての一般情報 > 年齢別に多い事故(1〜2歳)
0〜1歳  1〜2歳   3〜6歳

Copyright (c) 2004 National Institute of Public Health , Tetsuro TANAKA All Rights Reserved.