【短期研修】2.生活習慣病対策健診・保健指導に関する企画・運営・技術研修(事業評価編)
研修・業務課課長補佐 048-458-6185
必要書類

ここから開催要領をPDFでダウンロードできます。

派遣機関の公文書
(参考様式)
受講申込書(様式2)
別紙
注意事項
■ 目 的
  各医療保険者が行う「特定健診・特定保健指導」(高齢者医療法第20・24条)事業の評価を支援することができる実践能力の習得を図ります。

■ 対象者
  下記の者のうち、研修時にこれまでに行った事業評価支援の結果、及び次年度の同計画の提出が可能で、全日程出席できる方。定員を超えた場合は、受講資格をもとに優先度を考慮し選定する。研修計画編と合わせて参加することが望ましい。
  1. 都道府県、連合会等で特定健診・特定保健指導において市町村支援に携わる者
  2. 保健所設置市、特別区および都道府県等の保険者協議会、地域・職域連携推進協議会において評価に携わる者
  3. 医療保険者の中央団体及びその都道府県支部において評価に携わる者
  4. 上記と同等な資格を有すると院長が認める者

■ 定 員
  70名

■ 研修期間
  平成28年5月25日(水)〜平成28年5月27日(金) 3日間

■ 受付期間
  平成28年3月4日(金)〜平成28年4月5日(火)(必着)

● 一般目標
  各医療保険者が行う「特定健診・特定保健指導」(高齢者医療法第20・24条)事業の評価を支援することができる。

● 到達目標
  1. 生活習慣病予防対策の基本的な考え方を理解し、説明できる。
  2. 保険者が行う特定健診・特定保健指導事業を踏まえて、地域(都道府県)レベルでの事業の課題を把握し分析することができる。
  3. 地域(都道府県)レベルでの特定健診・特定保健指導事業の課題を改善するための支援や、保険者等との調整を含む評価体制構築に関する計画を策定することができる。

■ その他
  1. 受講決定は書類審査により受講の可否を決定します。
  2. 受講の可否通知については派遣機関あてに通知します。その後、受講者あてに時間表等必要書類を送付します。
  3. 研修に際し、本院敷地内の寄宿舎が利用できます。但し、長期研修での入居希望を優先しますのでご希望にそえない場合もあります。利用できない場合は、各自で宿泊場所を手配願います。
  4. 本院は敷地内全面禁煙になっております。

■研修内容
SBOs 科目及び講義課題 講師名 時間数
1. 生活習慣病予防対策の基本的な考え方を理解し、説明できる(T)
Ⅰ. 生活習慣病対策、特定健診・特定保健指導について
(厚生労働省担当者)

E1

(遠隔)

2.

保険者が行う特定健診・特定保健指導事業を踏まえて、地域(都道府県)レベルでの事業の課題を把握し分析することができる。(T〜Y)

 

3. 地域(都道府県)レベルでの特定健診・特定保健指導事業の課題を改善するための支援や、保険者等との調整を含む評価体制構築に関する計画を策定することができる(T〜Y)

 

Ⅱ.

生活習慣病対策・特定健診・保健指導事業の評価
(1)生活習慣病対策・保健指導の評価の考え方(総論)
(2)特定健診・特定保健指導事業の評価の進め方(各論)
(3)特定健診・特定保健指導事業の評価の実際
(4)特定健診・特定保健指導事業の評価のためのデータ分析

 

Ⅲ. 特定健診・特定保健指導事業の委託先の質の担保について

Ⅳ. 特定保健指導の質の管理と評価

Ⅴ.

特定健診・特定保健指導の具体的な事業評価の支援について
(1)都道府県の事例
(2)国保連合会
(3)市町村の事例
(4)質疑応答


Ⅵ. 【演習】特定健診・特定保健指導の事業評価の支援計画
(1)オリエンテーション
(2)グループワーク
(3)発表会

(総論・実践例を話せる研究者など)





 



(委託先の評価をしている市町村)
(理論と実例を示せる研究者など)
(市町村国保の支援をしている県や国保連合会および市町村国保)

 

(主任・副主任)

A4.5
B2.5






 



A1.5


A1.5

A2



 



A0.5
B5
B1

18.5時間(A10・B8.5)E1
Aは講義、Bは演習、Cは実験、Dは見学、Eはその他


  施設情報 寄宿舎情報