【短期研修】37.疫学統計研修
研修・業務課企画係 048-458-6187
●受講に必要な様式がダウンロードできます。
必要書類

派遣機関の公文書
(参考様式)
受講申込書
(様式3)
質問票(様式)


【参考資料】

開催要項(PDF)

注意事項
■ 目 的
 

国及び地方公共団体等での衛生・公衆衛生にかかわる業務である調査研究を推進するために、既に得たデータを持ち込み、疫学及び統計学の基礎知識と技術を理解し、実際にパソコンを使用してデータ解析を行い、行政報告書等にまとめる技能を修得することを目的とします。


■ 対象者
 

1. 国及び地方公共団体等において公衆衛生に関する業務に従事し、学校教育法に基づく大学において、医学、歯学、薬学、獣医学、保健学、看護学、栄養学等の学士課程を修めて卒業した方。

2. 前記に掲げる者と同等以上の学識を有し、広く公衆衛生領域に貢献できると院長が認めた方。


■ 定 員
  10名

■ 研修期間
  平成28年7月6日(水)から平成28年7月8日(金) 3日間

■ 受付期間
 

平成28年4月1日(金)から平成28年5月6日(金)(必着)


● 一般目標
 

国及び地方公共団体等での衛生・公衆衛生にかかわる業務である調査・研究を推進するために、既に得たデータを持ち込み、データ解析のための統計学及び疫学の応用的知識と技術を理解し、データを解析し、行政報告書等にまとめる技能を修得する。  


● 到達目標
  1. 公衆衛生業務で用いる基本的な統計的手法を説明できる。
  2. 公衆衛生的課題に取り組む疫学の原理と方法を説明できる。
  3. ソフトウェアを用いた基本的なデータ整理を実践できる。
  4. 統計解析ソフトウェアを用いた応用的な情報処理を実践できる。
  5. 解析データを情勢報告書等にまとめられる。

■ その他
  1. パソコンにより文書作成ができ、エクセルなどの表計算ソフトを用いての平均値の計算や表及びグラフを作成できるなどのパソコン基本操作が可能であることを、受講の前提とします。
  2. 研修に際し、本院敷地内の寄宿舎が利用できます。但し、長期研修での入居希望を優先しますのでご希望にそえない場合もあります。利用できない場合は、各自で宿泊場所を手配願います。

■研修内容
SBOs 科目及び講義課題 講師名 時間数
1. 公衆衛生業務で用いる基本的な統計的手法を説明できる。
1.統計学
 

①データの整理・記述的解析
②推定と検定
  ・統計的推論の基礎
  ・検定とその解釈

B多変量解析


外部講師

(A3)
2. 公衆衛生的課題に取り組む疫学の原理と方法を説明できる
2.疫学
 

①疫学概論

  ・疫学とは

  ・研究デザイン

  ・保健政策と計画
②疫学方法論

  ・疫学指数

  ・バイアスと交絡

  ・因果関係の推論

  ・疫学研究の実際


今井博久

 

 

 

外部講師

(A3)
A1.5



A1.5
3.

ソフトウェアを用いた基本的なデータ整理を実践できる。

 

3.統計解析演習
 

①Excelによるデータ整理

 

 

ASPSSによる統計解析



主任・副主任

外部講師

 

主任・副主任
外部講師

(B7.5)
B1.5



B6

4. 統計解析ソフトウェアを用いた応用的な情報処理を実践できる。
5. 解析データを行政報告書等にまとめられる。
4.データのまとめ方
 

・プレゼンテーション演習


主任・副主任
外部講師

(B1.5)
B1.5
  5.その他
  ①開講式・オリエンテーション
②発表会・閉講式

主任・副主任
主任・副主任
(E3)
E1.5
E1.5
18時間(A6・B9・E3)
Aは講義、Bは演習、Cは実験、Dは見学、Eはその他


  施設情報 寄宿舎情報