【短期研修】31.新興再興感染症技術研修
研修・業務課研修第二係 048-458-6189
●受講に必要な様式がダウンロードできます。
必要書類

派遣機関の公文書
(参考様式)
受講申込書
(様式3)
研究業績目録
(様式第5号)

注意事項
■ 目 的
  ウイルス学、感染症学および分子疫学等について、体系的な理解と新しい知識・細菌診断法技術の習得を目的とします。

■ 対象者
  地方衛生研究所常勤職員
大学院、大学、短大および専門学校において、医学、歯学、獣医学、薬学、理学、農学、水産学、生物学、臨床検査学等の課程を卒業・修了し、かつ地方衛生研究所において細菌検査業務の実務経験を2年以上有する方。(研修終了後、所内伝達研修を実施すること。)

■ 定 員
  20名

■ 研修期間
  平成28年10月3日(月)〜平成28年10月7日(金) 5日間

■ 受付期間
  平成28年7月4日(月)〜平成28年7月29日(金)(必着)

● 一般目標
  レジオネラの検査診断が適切に実施できるよう、レジオネラ症およびレジオネラ検査診断に関連する体系的な知識を理解し、基本的かつ実践的なレジオネラ検査診断技術を習得する。また関連する他の呼吸器疾患にも応用可能な遺伝子検査法を実施できる。

● 到達目標
  1. レジオネラ検査診断に関連する細菌学の基本について、説明することができる。
  2. 分離培養や遺伝子増幅法(PCR)を用いたレジオネラの検査診断法を列挙し、基本的・実践的なレジオネラ検査診断技術について説明することができる。
  3. 他の呼吸器疾患にも応用可能な遺伝子検査法を取得する。

■ その他
  1. 受講決定は書類審査により受講の可否を決定します。
  2. 受講の可否通知については派遣機関あて通知します。その後、受講者あて時間表等必要書類を送付します。
  3.

本研修は期間の全てを国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市学園4−7−1)で行います。

和光庁舎の寄宿舎からは2時間程度を要しますので、宿泊先は各自確保してください。


■ 研修内容
SBOs 科目及び講義課題 時間数
1. レジオネラ検査診断に関連する細菌学の基本について、説明することができる。
T レジオネラに関する体系的知識
  1. レジオネラ・レジオネラ症
  1.1. 細菌性呼吸器疾患総論
1.2. レジオネラ(症)総論 
1.3. レジオネラ検査診断法概論 
1.4. バイオセーフティ概論
1.5. 自治体におけるレジオネラ行政対応
1.6. 細菌性呼吸器疾患各論

(A7)


A1.0
A1.0
A1.5
A1.5
A1.0
A1.0

2.

分離培養や遺伝子増幅法(PCR)を用いたレジオネラの検査診断法を列挙し、基本的・実践的なレジオネラ検査診断技術について説明することができる。

3.他の呼吸器疾患にも応用可能な遺伝子検査法を取得する。
U レジオネラ検査診断に関する基礎技術

2. レジオネラ検査診断実験法
 

2.1. 培養検査法実習
2.2. PCR法・シークエンス法によるレジオネラ遺伝子検出・同定
2.3. 関連する他の呼吸器疾患(肺炎球菌等)の遺伝子検出およびラボカンファレンス

(C25.5)

C12
C9

C4.5
  V その他
  3. 開講式・閉講式等
  3.1 まとめ
  3.2 開講式・オリエンテーション
  3.3 閉講式

(E5)


E2
E2

E1

37.5時間(A7  C25.5  E5)

Aは講義、Bは演習、Cは実験、Dは視察、Eはその他



  施設情報 寄宿舎情報