【専門課程Ⅰ】保健福祉行政管理分野−分割後期(応用)
研修・業務課研修第一係 048-458-6188
●受講に必要な様式がダウンロードできます。
必要書類
分割後期A

派遣機関の公文書(参考様式)(国・地方公共団体等から派遣される方)※
進学願書
(様式第1号の4)
履歴書
(様式第2号の1)
写真3枚※
誓約書
(様式第4号)
健康診断書
(様式第5号)
分割後期B
進学願書
(様式第1号の4)
履歴書
(様式第2号の1)
誓約書(様式第4号)
健康診断書
(様式第5号)
※印の書類は専用の書式がありませんので、下記の注意事項をご参照ください。
注意事項
■ 目 的
  国及び地方公共団体に勤務する方(内定者を含む)、大学院に在籍する方で勤務、就学等の事情により、1年間通年で専門課程を履修することが困難な方に専門課程修了の機会を与えることを目的とします。履修方式A方式は、分割前期修了の次年度以降に本院にて履修するもので、B方式は、現場で働きながら、本院の提供する選択科目(遠隔方式で提供されるものを含む)、短期研修などを履修し単位を取得するものです。

■ 保健所長の認定要件
  本課程を修了した方は、地域保健法施行令第4条第1項第2号及び第2項第3号に定められた保健所長となる要件を満たします。

■ 対象者
  分割前期(基礎)修了者を対象とします。

■ 募集定員
  専門課程Ⅰ全体で15名(保健福祉行政管理分野本科,分割前期(基礎)を含む)。

■ 教科内容と実施期間
  本課程の教科の履修方式は、2通りあります。
  (履修方式A)
    国立保健医療科学院の専門課程のカリキュラムを、翌年度または翌々年度に約半年間(7月〜翌年3月)、本院において履修する方式。この場合、専門課程を前期と後期に分けて履修する形式となり、後期期間中も、国立保健医療科学院に派遣される必要があります(勤務等を続けながら受講することはできません)。
  教科内容は、専門課程保健福祉行政管理分野必修科目・選択科目の他、合同臨地訓練、特別研究論文の作成等によって行います。

  (履修方式B)
    地元で働きながら、遠隔教育科目を含む保健福祉行政管理分野のカリキュラム、本院の短期研修等の履修によって単位取得する方式。教育期間及び修了年限は、分割前期(基礎)の修了年度を含む3年以内です。

■ 修了の要件
  (履修方式A)
    本院専門課程必修科目・選択科目及び合同臨地訓練の履修により合計18単位以上を修得するとともに、研究指導を受けて提出した特別研究論文の審査及び試験に合格し、5単位を修得しなければなりません。

  (履修方式B)
    本院専門課程選択科目(遠隔教育含む)、短期研修の各分野等の履修により合計18単位以上を修得するとともに、特別研究論文を提出して審査に合格し、5単位を修得しなければなりません。

■ 進学資格及び要件
  専門課程分割前期(基礎)修了者で一定の成績を修めた方。

■ 進学願書等の受付期間
  1. 履修方式A
   

平成28年12月1日(木)から平成29年1月17日(火)までに本院に必着するよう、持参または書留で郵送してください。

    進学願書等の提出書類は、各課程共通の「受講申請手続について」を参照してください。

  2. 履修方式B
    分割前期終了時から平成29年8月25日(金) 9月29日(金)までに本院に必着するよう、持参または書留で郵送してください。
    進学願書等の提出書類は、各課程共通の「受講申請手続について」を参照してください。

■ 進学許可の通知
  1. 履修方式A−各課程共通の「受講許可の通知について」を参照してください。
  2. 履修方式B−進学許可後通知します。

保健福祉行政管理分野本科・分割前期(基礎)・分割後期(応用)の教育システム

  保健福祉行政管理分野には、以下の種類の修了方法があります
  I. 1年間で保健福祉行政管理分野を修了するタイプ(本科)
  1年間で保健福祉行政管理分野を修了するタイプ(本科)

  II. 分割前期(基礎)修了後、翌年度以降に9か月間で分割後期(応用(履習方式A))を修了
するタイプ
  分割前期(基礎)修了後、2〜3年間地元で分割後期(応用)を履修し、修了するタイプ

  III. 分割前期(基礎)修了後、2〜3年間地元で分割後期(応用(履習方式B))を履修し、修了
するタイプ
  分割前期(基礎)修了後、翌年度以降に9か月間で分割後期(応用)を修了するタイプ

  IV. 分割前期(基礎)のみを修了するタイプ
  分割前期(基礎)のみを修了するタイプ



  施設情報 寄宿舎情報