【専門課程Ⅲ】地域保健福祉専攻科
研修・業務課研修第一係 048-458-6188
●受講に必要な様式がダウンロードできます。
必要書類
【応募時に必要な書類】

派遣機関の公文書
または推薦書※
入学願書
(様式第1号の5)
履歴書
(様式第2号の1)
志望調書
(様式第3号)
【入学時に必要な書類】
誓約書
(様式第4号)
※印の書類は専用の書式がありませんので、下記の注意事項をご参照ください。
注意事項
■ 目 的
  地域保健福祉に関連する業務において、実践活動の質的向上を図るために必要な知識・技術を修得することを目的とします。

■ 対象者
  国や地方公共団体から派遣される保健・医療・福祉分野に従事している職員(保健師、看護師、管理栄養士、福祉職 など)。

■ 定員
  専門課程Ⅲ全体で30名

■ 実施期間
 

令和3年4月7日(水)〜令和3年7月9日(金)


■ 応募資格
  1. 国または地方公共団体等が推薦する方で、保健・医療・福祉部門の実務経験が通算3年以上ある方。
  2. 学校教育法に基づく大学において保健、医療若しくは福祉に関する課程を修めて卒業した方。
  3. 前号に掲げる者と同等以上の学力を有すると院長が認める方。

■ 申込受付期間
  第1回  令和2年12月2日(水)〜令和3年1月8日(金)
  第2回  令和3年1月22日(金)〜令和3年2月5日(金)
  ※第2回は自治体等の派遣者のみ対象
  持参または書留で郵送してください。(必着)

■ 選考方法
  国または地方公共団体等が推薦し、派遣する予定の方の場合は、書類審査及び面接試験により受講を決定します。その他の方の場合には、書類審査の上、筆記試験及び面接試験を行い決定します。筆記試験は、①専門に関する基礎知識、②小論文について行います。
  なお、令和3年度の試験(令和3年2月、3月実施分)に限り、オンラインにより実施いたします。詳細は書類選考結果通知の際にお知らせします。
  また、当該課程へ推薦を受け受講した方が、さらに専門課程Ⅱ地域保健福祉分野へ進学を希望する場合には、筆記試験等を行い、進学の可否を決定します。ただし当該年度の受講は認めません。

■ 試験日
  第1回  令和3年2月17日(水)
  第2回  令和3年3月3日(水) ※第2回は自治体等の派遣者のみ対象

■ 修了の要件
  所定の単位を取得した場合、修了が認められます。

■ 履修科目
  必修科目  
    専門課程合同必修科目
   

公衆衛生総論、公衆衛生総論【社会保障論】【社会調査法】、疫学概論、保健統計概論、環境保健概論、実地見学、公衆衛生看護管理、地域保健活動論、地区組織・連携活動論、人材育成方法論、対人保健活動論、研究方法T、健康危機管理【感染症】、地域診断演習