オンライン(Zoom)で実施

【短期研修】30.水道工学研修

研修・業務課研修第二係 048-458-6189
(内容についてメールでお問合せの場合)suido-info@niph.go.jp
●受講に必要な様式がダウンロードできます。
必要書類

派遣機関の公文書
受講申込書(様式2)
レポート(任意様式)

注意事項

遠隔教育システムログイン方法

■ 令和3年度「水道工学研修」の受講に係る諸条件等について

 

標記について、オンライン受講に係る諸条件等は、下記のとおりとなりますのでご留意ください。

 

  1.

全ての講義は、Zoomシステムを使用したライブ形式で実施します。
(一部の公開シンポジウムを除き、録画の公開(配信)は行いません。)

  2. 本院に来院してのオンライン受講は認めておりません。
  3.

Zoomが使用できる接続環境が必要です。事前に受講場所(勤務場所、自宅等)でZoomの接続確認を必ず行ってください。(研修受講時には、1人1台以上のPCをご準備ください。演習科目等でZoomの諸機能(画面共有・ファイルの送受信ほか)を使用することから、ZoomをインストールしたPCでの受講を必須とします。タブレットやスマートフォンでは、これら機能を十分に使用できません。また、PCであっても職場等のセキュリティ環境によって、上記諸機能が使用できないことがありますので、予め所属機関のネットワーク担当部署へご確認いただきますようお願いいたします。)

  4.

インターネットへの接続環境やPC及び受講に必要なソフトウェアの準備は受講側で行っていただきます。
※できるだけ安定的に接続出来るネットワーク環境をご準備ください。
※必要なソフトウェア:Office2013以降のWord、Excel、PowerPoint、Acrobat Reader
※PCは、マイク、カメラが必須です。OS環境はWindows10を推奨します。
(後付けのマイク、カメラを使用されても構いません。)

  5.

個別の接続に関する技術的なサポートは、本院では行えませんので、所属機関のネットワーク担当部署へご相談ください。

  6.

講義資料は、本院の遠隔教育システムに電子ファイルで掲載します。紙媒体が必要な場合は、受講側で印刷してください。
※著作権に抵触する恐れがありますので、講義資料を印刷した後の電子ファイルは、必ず消去してください。電子ファイルは、自身のPC、外付けハードディスク等への保存はしないでください。他人へ電子ファイルを送信することは禁止いたします。

  7. 研修画面をビデオカメラ等で録画することは、禁止いたします。
  8.

受講場所は、職場、テレワークでの自宅、会議室等、いずれでも構いません。
ただし、研修期間中は、研修に専念できる静かな場所で受講してください。
※職場から参加される方は、研修中に業務での電話や離席のないよう、職場の理解を予め得ておく等の対応をお願いいたします。

  9.

研修の内容についてご不明な点があれば、suido-info (a) niph.go.jp((a)を@に変更)にご連絡下さい。(テレワークを併用しておりますので、お電話はご遠慮ください。必要な場合はこちらから折り返しご連絡させていただきます。)

  10.

研修の詳細は調整中ですが、今年度は実際の実地見学は実施しない見込みです。


■ 目 的
安全な水道水を安定的に供給するために、水道工学に関わる各分野の基礎的事項を理解するとともに、最新の専門知識、技術を習得することを目的とします。

■ 対象者
国及び地方公共団体等の衛生部局及び水道関係部局(水道主務課、水道局、保健所、衛生研究所等)において、水道(飲用井戸を含む)に関連する業務に従事する者

■ 受講資格
  1. 理系の学士課程卒業者で3年以上の経験を有する者
  2. 高等学校卒業の場合は10年以上、高等専門学校卒業の場合は8年以上の経験を有する者、または水道技術管理者の資格を有する者
  3. 1. 2. と同等の能力を有すると認められる者

■ 定 員  *変更になりました
  15名

■ 研修期間
 

2021年9月21日(火)〜2021年10月29日(金)( 28 日間)


■ 受付期間
  2021年6月7日(月)〜2021年7月16日(金)(必着)

● 一般目標
  安全な水道水を安定的に供給するために、水道工学に関わる各分野の基礎的事項を理解するとともに、最新の専門知識、技術を習得する。

● 到達目標
  1. 水道全般に関わる知識として、水道行政、水環境および水道の計画やシステムに関する考え方を体系的に説明できる。
  2. 浄水処理に関するシステムおよびプロセスの理論および最新の処理技術を説明できる。
  3. 水質管理に関して、汚染物質並びにリスク制御に関する事項、および最近の課題について説明できる。
  4. 水道や飲料水供給に関わる業務の現場における課題を設定でき、その解決策、対応策をまとめ、結果を発表することができる。

■ その他
  1.

本研修応募者の方は下記のレポートが必要となります。受講申込書に添えて提出してください。

各自の職場において関心を持っている水道の技術上の問題について、A4判用紙(横書)で2〜3枚程度のレポートを作成すること。

  2. 受講決定は書類審査により受講の可否を決定します。
  3. 受講の可否通知については派遣機関あて通知します。その後、受講者あて時間表等必要書類を送付します。

■ 研修内容
SBOs 科目及び講義課題 時間数
1. 水道全般に関わる知識として、水道行政、水環境および水道の計画やシステムに関する考え方を体系的に説明できる。
1. 総論
  1) 水道行政
    1.1 水道行政
    1.2 水質管理制度
  2) 水環境論
    2.1 水環境保全
    2.2 水資源と水道システム
  3) 水道計画・システム論
    3.1 浄水計画
    3.2 浄水システム
    3.3 配水システム

 
A3
A3
 
A3
A3
 
A3
A3
A3
 
2. 浄水処理に関するシステムおよびプロセスの理論および最新の処理技術を説明できる。
2. 浄水処理技術特論
  4) 物理化学的処理
    4.1 凝集・沈澱
    4.2 ろ過・膜ろ過
    4.3 消毒
    4.4 オゾン・塩素処理
  5) 特殊処理
    5.1 活性炭・生物活性炭
    5.2 排水・汚泥処理と浄水場管理

 
A3
A3
A3
A3
 
A3
A3
3. 水質管理に関して、汚染物質並びにリスク制御に関する事項、および最近の課題について説明できる。
3. 水質管理特論
  6) 汚染制御
    6.1 化学物質・消毒副生成物
    6.2 微生物汚染
    6.3 給水設備衛生管理
  7) リスク評価・管理
    7.1 飲料水の健康危機管理
    7.2 リスク評価
    7.3 水質検査・精度管理

 
A3
A3
A3
 
A3
A3
A3
4. 水道や飲料水供給に関わる業務の現場における課題を設定でき、その解決策、対応策をまとめ、結果を発表することができる。
4. 演習・セミナー・特別研究
  8) セミナー
  9) 演習(配水管網計算、凝集沈澱)
  10) 特別研究(うちC27はオンライン)

B6
C18
C87
 
 
合計 162時間【A51・B6・C105】
Aは講義、Bは演習・セミナー、Cは実習(オンラインを含む)
都合により、変更となる可能性があります。