【短期研修】32.ウイルス研修
研修・業務課研修第二係 048-458-6189
●受講に必要な様式がダウンロードできます。
必要書類

派遣機関の公文書
(参考様式)
受講申込書
(様式3)

研究業績目録
(様式第5号)


注意事項

遠隔教育システムログイン方法
■ 目 的
  ウイルス学、免疫学等について体系的な理解と新しい知識・ウイルス診断法技術を習得することを目的とします。

■ 対象者
 

地方衛生研究所においてウイルス検査業務を担当している者


■ 受講資格
 

大学院、大学、短大および専門学校において、医学、歯学、獣医学、薬学、理学、農学、水産学、生物学、臨床検査学等の課程を卒業・修了し、かつ地方衛生研究所において、ウイルス検査業務の実務経験を原則2年以上有する常勤職員
細胞培養操作に関する知識と経験を有すること
分子生物学の基礎についての知識を有すること
感染研・基本講習受講終了者を優先することがある


■ 定 員(定員を変更いたしました)
  10名

■ 研修期間(日程を変更いたしました)
 

2021年10月25日(月)〜2021年11月12日(金)(14日間)


■ 受付期間
  2021年7月5日(月)〜2021年7月30日(金)(必着)

● 一般目標
  ウイルス学、免疫学および分子疫学等について体系的な理解と新しい知識・ウイルス診断法技術を習得する。

● 到達目標
  1. ウイルス検査診断に関連するウイルス学の基本について、説明することができる。
  2. ウイルス検査診断に関連する感染症学の基本について、説明することができる。
  3. ウイルス検査診断に関連する病理学および分子生物学の基本について、説明することができる。
 

4.

ウイルス検査診断に関連する感染症法行政のポイントについて、列挙することができる。
  5. インフルエンザウイルス、SFTSウイルス及び肝炎ウイルスに関する基本的・実践的な検査診断技術について説明することができる。


■ その他
  1. 受講決定は書類審査により受講の可否を決定します。定員を超過した場合は年齢の若い方を優先します。
  2. 受講の可否通知については派遣機関あて通知します。その後、受講者あて時間表等必要書類を送付します。
  3. 本研修は期間の全てを国立感染研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市学園4−7−1)で行います。
和光庁舎の寄宿舎からは2時間程度を要しますので、宿泊先は各自確保してください。
  4. 研修会場での飲酒を固く禁じます。また、受講生宛に荷物を送ることも禁じます。


■ 研修内容
SBOs 科目及び講義課題 時間数
1. ウイルス検査診断に関連するウイルス学の基本について、説明することができる。

T ウイルス検査診断に関連する基本知識

1. ウイルス学に関連する基本知識
  1.1. ウイルス学概論
1.2. インフルエンザウイルス総論
1.3. パラミクソウイルス総論
1.4. エンテロウイルス総論
1.5. 出血熱ウイルス総論
1.6. アルボウイルス総論
1.7. ヘルペスウイルス総論
1.8. 下痢症ウイルス総論
1.9. 肝炎ウイルス総論
1.10. アデノウイルス総論
1.11. エイズウイルス・パピローマウイルス総論
1.12. コロナウイルス総論

 


A1.5
A1.5
A1.5
A1.5
A1.5
A1.5
A1.5
A1.5
A1.5
A1.5
A1.5

A1.5

2. ウイルス検査診断に関連する感染症学の基本について、説明することができる。
2. ウイルス感染症に関連する基本知識
  2.1. 感染症学総論
2.2. 予防接種総論
2.3. 人獣共通感染症総論
2.4. バイオセーフティーT
2.5. バイオセーフティーU
2.6. BSL4施設見学

A1.5
A1.5
A1.5
A1.5
A1.5
D2.5
3. ウイルス検査診断に関連する病理学および分子生物学の基本について、説明することができる。
3. 病理学および分子生物学に関連する基本知識
  3.1. 感染病理学総論
3.2. 不明ウイルス疾患検査法総論

 

A1.5
A1.5

4. ウイルス検査診断に関連する感染症法行政のポイントについて、列挙することができる。
U 感染症行政に関する基礎知識
4. 感染症行政施策
 

4.1. 感染症行政T(感染症発生動向調査)
4.2. 感染症行政U(検査診断対応)



A1.5
A1

5. インフルエンザウイルス、SFTSウイルス及び肝炎ウイルスに関する基本的・実践的な検査診断技術について説明することができる。
V ウイルス検査に関する基礎技術
5. ウイルス検査実習
 

5.1. インフルエンザウイルス検査診断実習
 1)インフルエンザウイルス分離法
 2)HA試験
 3)HI試験
5.2.A型およびE型肝炎ウイルス遺伝子検出実習
 1)ウイルス遺伝子検出PCR
 2)遺伝子シークエンス
 3)分子系統樹解析によるウイルス遺伝子型解析
5.3.SFTSV検査診断実習

   



C20




C13



 

 


C9



6. その他
W その他

6. 事例紹介

7. ラボカンファレンス
8. まとめ


E5
E5

E1

合計 87時間 (A31 ・C42・D2.5・E11)

 
Aは講義、Bは演習、Cは実験、Dは見学、Eはその他、修了時評価等(オリエンテーション、開講式・閉講式は除く。)