【短期研修】29.新興再興感染症技術研修
研修・業務課研修第二係 048-458-6189
●受講に必要な様式がダウンロードできます。
必要書類

派遣機関の公文書
受講申込書(様式3)
研究業績目録
(様式第5号)

注意事項

遠隔教育システムログイン方法

■ 令和3年新興再興感染症技術研修受講に係る諸条件等について

  標記について、オンライン講義受講に係る諸条件等は、下記のとおりとなりますのでご留意ください。

  1.

全ての研修は、ZOOMシステムを使用したライブ形式で実施します。

  2.

ZOOMが使用できる接続環境が必要です。事前に受講場所(勤務場所、自宅等)でZOOMの接続確認を必ず行ってください。(接続確認には複数台のPCが必要になります。受講で使用するPCのほか、その他のPC(あるいはZOOMアプリをインストールしたスマートフォンなど)を接続して確認してください。)

  3.

当院に来院してのオンライン研修は認めておりません。

  4.

録画の公開(配信)は行いません。

  5.

インターネットへの接続環境やPC及び研修に必要なソフトウェアの準備は受講側で行っていただきます。
※Windows8.1以降のOSを搭載していること
※必要なソフトウェア:Office2013以降のWord、Excel、PowerPoint、Acrobat Reader
※PCは、マイク、カメラ付きが必須
(後からマイク内蔵Webカメラを付けていただいても構いません。)

  6.

本研修ではオンラインによる個別演習が含まれるため、インターネット接続可能なPC(office搭載)が必要です。ipadのみでの受講はできませんのでご注意ください。

  7.

講義資料は、当院の遠隔教育システムに掲載いたします。

  8.

研修画面をビデオカメラ等で録画することは、禁止いたします。

  9.

個別の接続に関する技術的なサポートは、当院では行えませんので、所属機関のネットワーク担当部署へご相談してください。

  10.

受講場所は、職場、テレワークでの自宅等で受講場所は、問いません。 ただし、研修期間中は、研修に専念してください。


■ 目 的
  レジオネラの検査診断が適切に実施できるよう、レジオネラ症およびレジオネラ検査診断に関連する体系的な知識を理解し、基本的かつ実践的なレジオネラ検査診断技術を習得する。また関連する他の呼吸器疾患にも応用可能な遺伝子検査法を取得する。

■ 対象者
  地方衛生研究所等において細菌検査業務を担当している者。

■ 受講資格
  大学院、大学、短大および専門学校において、医学、歯学、獣医学、薬学、理学、農学、水産学、生物学、臨床検査学等の課程を卒業・修了し、かつ地方衛生研究所等において、細菌検査業務の実務経験を原則2年以上有する常勤職員。
感染研・基本講習受講終了者を優先することもある。
受講者多数の場合、他の研修の受講歴の少ない者、研修修了者の少ない所属の者、年齢の若い者を優先することがある。

■ 定 員(定員を変更いたしました)
  10名

■ 研修期間(日程を変更いたしました)
 

2021年9月30日(木)〜2021年10月1日(金)(2日間):オンライン研修
2021年10月4日(月)〜2021年10月6日(水)(3日間):集合研修


■ 受付期間
  2021年7月5日(月)〜2021年7月30日(金)(必着)

● 一般目標
  レジオネラの検査診断が適切に実施できるよう、レジオネラ症およびレジオネラ検査診断に関連する体系的な知識を理解し、基本的かつ実践的なレジオネラ検査診断技術を習得する。また関連する他の呼吸器疾患にも応用可能な遺伝子検査法を取得する。

● 到達目標
  1. レジオネラ検査診断に関連する細菌学の基本について、説明することができる。
  2. 分離培養や遺伝子増幅法(PCR)を用いたレジオネラの検査診断法を列挙し、基本的・実践的なレジオネラ検査診断技術について説明することができる。
  3. 他の呼吸器疾患にも応用可能な遺伝子検査法を実施できる。

■ その他
  1. 受講決定は書類審査により受講の可否を決定します。定員を超過した場合は年齢の若い方を優先します。
  2. 受講の可否通知については派遣機関あて通知します。その後、受講者あて時間表等必要書類を送付します。
  3. 本研修は期間の全てを国立感染研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市学園4−7−1)で行います。
和光庁舎の寄宿舎からは2時間程度を要しますので、宿泊先は各自確保してください。
  4. 研修会場での飲酒を固く禁じます。また、受講生宛に荷物を送ることも禁じます。

■ 研修内容
SBOs 科目及び講義課題 時間数
1. レジオネラ検査診断に関連する細菌学の基本について、説明することができる。
1. レジオネラに関する体系的知識
  1) レジオネラ感染症概論
  2) レジオネラ検査法
  3) レジオネラ培養法概論
  4) 事例学習
  5) 環境中のアメーバとレジオネラ感染
  6) レジオネラ属菌検査診断実習概要
  7) バイオリスク管理総論、病原体輸送


A1
A1
A1
A2
A1
A1
A1
2. 分離培養や遺伝子増幅法(PCR)を用いたレジオネラの検査診断法を列挙し、基本的・実践的なレジオネラ検査診断技術について説明することができる。
2. レジオネラ検査診断に関する基礎技術
  1) レジオネラ属菌培養法実習
  2) 迅速検査診断法実習
  3) 喀痰からのLAMP法による検査診断法実習
(レジオネラ)

C9
C4.5
C3.5
3. 他の呼吸器疾患にも応用可能な遺伝子検査法を実施できる。
3. 検査・検査業務その精度等の管理に関する基本的な知識
  1) 検査総論・検査精度とその管理

 


A1
4. その他

4.

その他
  1) ラボカンファレンス
  2) まとめ

E1

E1

合計 28時間【A9・C17・E2】

Aは講義、Bは演習、Cは実験、Dは見学、Eはその他、修了時評価等(オリエンテーション、開講式・閉講式は除く。)