この調査は既に終了しました。ご協力いただきありがとうございました。

調査のお願い

新しいおくすりを一日でも早く皆様のもとへ届けるためにご協力いただけませんか?
"臨床研究"をご存知でしょうか?"臨床研究"は、求められている医薬品および医療機器を国民の皆様のもとへ届けるための重要な手続きのひとつであり、また医学の進歩の上で不可欠な研究プロセスです。これまで我が国では、欧米諸国と比較して"臨床研究"のスピードが遅いことが指摘されており、政府は「臨床研究・治験活性化五か年計画」を打ち出すなど、国家規模でその改善への取り組みがなされています。 このアンケート調査は、厚生労働科学研究費補助金・医療技術実用化総合研究事業(臨床研究基盤推進研究事業)「国民・患者への臨床研究・治験の普及啓発に関する研究」(研究代表者 厚生労働省国立保健医療科学院 政策技術評価研究部長 佐藤 元)の一環として行うもので、国民の皆様に"臨床研究"に関することをわかりやすく情報提供するにはどうしたらいいのかを調べ、今後の情報提供の在り方を検討することを目的としています。このアンケート調査の結果をもとに、我が国の"臨床研究"が推進され、医薬品・医療機器を必要としている国民の皆様のもとへ一日でも早く届けることを目指しております。

ご回答とご返送について

ご本人が記入してください。ただし、ご本人が記入できない場合は、代理の方に代筆していただくことも可能です。
質問票の回答例を参考にお答え下さい。

あてはまるもの1つ(もしくはすべて、質問により異なります)を○で選んで下さい。 質問によっては、特にあてはまるもの3つを◎で選んでいただくものがありますので、ご注意下さい。

ご回答頂きました調査票は同封の返信用封筒に入れ、

平成25年2月22日(金)までに

ご返送下さいます様お願い申し上げます。 なお、返送先は国立保健医療科学院 政策技術評価研究部となっております。

調査に関するお問い合わせ

貴重なお時間を頂きアンケートに回答して頂きますこと、誠に感謝申し上げます。 尚、このアンケート調査で得られた結果により個人が特定される可能性は一切ございません。 また、アンケートの途中でご回答をやめることも可能であり、それにより何らかの問題が生じることは一切ございません。また、このアンケート調査によって得られた情報を他の目的で使用することはございません。
調査に関するお問い合わせ先
国立保健医療科学院 政策技術評価研究部
〒351-0197 埼玉県和光市南2−3−6
電話:048-458-6223(直通) FAX:048-469-3875
 担当:野口 都美・中尾 裕之
前のページへ戻る