政策技術評価研究部

上席主任研究官
湯川 慶子YUKAWA Keiko

専門分野

医療社会学、臨床試験、慢性疾患、難病、患者中心の医療、補完代替医療

人材育成

専門課程
保健福祉行政管理分野 分割前期
 必修科目Ⅰ「公衆衛生行政」 副主任

短期研修
エイズ対策研修 副主任
児童虐待防止研修 副主任
難病患者支援従事者研修(難病相談・支援センター職員研修) 副主任
児童相談所中堅児童福祉司・児童心理司合同研修 副主任
生活保護自立支援推進研修 副主任
婦人相談所等指導者研修 副主任
たばこ対策の施策推進における企画・調整のための研修 副主任

研究実績

研究調査報告書

・元雄良治, 新井一郎, 中山健夫,湯川慶子.社会モデルとしての統合医療を活用した自治体主体の疾病予防・健康増進プログラムに関する情報発信、実態把握および安全性・有効性に関する研究.日本医療研究開発機構委託費「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業「社会モデルとしての統合医療を活用した自治体主体の疾病予防・健康増進プログラムに関する情報発信、実態把握および安全性・有効性に関する研究」(研究代表者:元雄良治19lk0310065h0001)令和1年度実績報告書.2020.

・佐藤元、湯川慶子.医療行為や臨床研究の手術・手技に関する国内の法規制の整理.厚生労働科学研究費補助金厚生労働科学特別研究事業.「臨床研究ならびに医療における手術・手技にかかる国内外の規制の調査研究」(研究代表者:佐藤元.H30-特別-指定-014).平成30年度総括・分担研究報告書.2019.

・湯川慶子、土井麻理子、佐藤元.外科系学会における臨床研究ならびに医療の手術・手技の審査状況に関する調査.厚生労働科学研究費補助金厚生労働科学特別研究事業.「臨床研究ならびに医療における手術・手技にかかる国内外の規制の調査研究」(研究代表者:佐藤元.H30-特別-指定-014).平成30年度総括・分担研究報告書.2019.

原著論文

・湯川慶子、藤井仁、溝口貴文、見島亜莉沙、新井一郎. 新聞、インターネットを通じた消費者への健康食品に関する注意喚起の伝達状況に関する分析.Therapeutic Research, (in press).

・湯川慶子、児玉知子、新井一郎、藤井仁. 健康被害報告例のある健康食品プエラリア・ミリフィカのパッケージの特徴および消費者の嗜好に関する調査.Therapeutic Research, (in press).

・Sato H, Yukawa K, Doi M. Supervision of new surgical procedures in Japan: Current practice and supervision issues at university hospitals in Japan. Surgery 2020;168(6):1109-1114.

・Motoo Y, Yukawa K, Hisamura K, Arai I. Physician perspectives on traditional, complementary, and integrative medicine and the national evidence-based Japanese integrative medicine information website: A mixed-method study. Integrative medicine research, 2021 10(1) 100454

総説

・湯川慶子、佐藤元. 我が国の臨床試験(研究)登録 臨床試験(研究)登録体制と試験・研究の登録推移.保健医療科学2020; 69(3): 223-233

・吉田都美、湯川慶子、佐藤元. ロボット支援下手術等に関する登録・報告の推移.保健医療科学2020; 69(3): 253-259

・土井麻理子、湯川慶子、佐藤元. 国際臨床試験(研究)登録プラットフォームにおける登録項目 WHO-ICTRPの動向(総説/特集) .保健医療科学2020; 69(3): 234-242

・近藤純一、佐藤元、武士俣隆介、湯川慶子、日野優子.臨床試験情報の公開にかかる法制度:臨床試験の結果公開にかかる日米欧の法令および判例. 臨床医薬 2018; 34(6): 377-401.

・佐藤元、笠原智恵、湯川慶子、冨岡裕司、高橋広透. 欧米各国における臨床研究の登録・公開および利益相反管理 – 英国, フランス, ドイツ, オランダおよび米国の各国法令.臨床医薬 2018; 34(6): 361-375.

著書

・西澤正豊、川尻洋美、湯川慶子.難病相談支援マニュアル.東京:社会保険出版社.2018.

・西澤正豊、川尻洋美、伊藤美千代、春名由一郎、湯川慶子.健康管理と職業生活の両立ワークブック(難病編).群馬:株式会社エイト.2018.

・湯川慶子. ヘルスリテラシー・コミュニケーションとSDM 患者のヘルスリテラシーとの関連. 中山健夫編. これから始める!シェアード・ディシジョンメイキング新しい医療のコミュニケーション. 東京:日本医事新報社.2017. p.45-46.

・湯川慶子. 第3章 CAMの利用状況の国際的動向. 第7章「統合医療」情報発信サイトeJIMの役割と課題.第8章 補完代替医療における患者視点.第10章 補完代替医療におけるコミュニケーションのコツ.大野智・津谷喜一郎編.別冊 医学のあゆみ 補完代替医療とエビデンス.東京:医歯薬出版.2016. p.13-20, p.39-45, p.46-52, p.59-66.

学会発表

・湯川慶子, 佐藤元.臨床研究情報ポータルサイトの役割と活用方法について.第20回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2020in長崎【共催セミナー6】「臨床研究情報ポータルサイトの利用価値と医療のリアルワールドデータの今後の活用の方向性」2020年11月;長崎;同抄録集.P.101

・湯川慶子.臨床研究実施計画・研究概要公開システム(jRCT)における結果公開とIPDの共有. シンポジウム:試験情報・結果開示の新展開-臨床試験の透明化とClinical trial data sharingを含めた研究への活用-;2018年9月;東京.第8回レギュラトリーサイエンス学会.レギュラトリーサイエンス学会誌プログラム・抄録集.p.38.