国際協力研究部

上席主任研究官
児玉 知子 KODAMA Tomoko

専門分野

ヘルスサービスリサーチ、医療の質指標、健康加齢、女性の健康、難病、国際連携

人材育成

研究課程
・特別指導教官 3件

専門課程
保健福祉行政管理分野 分割前期
 必修科目「対人保健」担当者
保健福祉行政管理分野 分割後期
 主任

短期研修
エイズ対策研修 主任
遠隔研修 主任

国際協力研修
JICA課題別研修「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ達成のための医療保障制度強化研修」 主任
JICA課題別研修「保健衛生政策向上研修」 副主任
WHO-NCDコース(世界保健機関・西太平洋地域における非感染症対策研修) 副主任

研究実績

研究調査報告書

・令和2年度厚生労働科学研究費補助金(地球規模保健課題解決推進のための行政施策に関する研究事業)「国連の持続可能な開発目標3(SDG3)‐保健関連指標における日本の達成状況の評価および国際発信のためのエビデンス構築に関する研究」

・平成31-R2年度厚生労働科学研究費補助金統計情報総合研究事業「NDBデータから患者調査各項目及びOECD医療の質指標を導くためのアルゴリズム開発にかかる研究」

・平成31-R2年度厚生労働科学研究費補助金食品の安全確保推進研究事業「健康食品等の安全確保に必要な技術的課題への対応と効果的な情報発信のための研究」

原著論文

・Kodama T, Ida Y, Miura H. A Nationwide Survey on Working Hours and Working Environment among Hospital Dentists in Japan. Int. J. Environ. Res. Public Health 2020, 17(23), 9048;

・Oshima K, Kodama T, Ida Y, Miura H. Gender Differences in Work Status during Early Career of Dentists: An Analysis of National Survey Cohort Data of 10 Years in Japan. Int J Environ Res Public Health. 2021 Feb 27;18(5):2335.

・Kodama T, Koike S, Matsumoto S, Ide H, Yasunaga H, Imamura T. The working status of Japanese female physicians by area of practice: cohort analysis of taking leave, returning to work, and changing specialties from 1984 to 2004. 2012 May.105(2-3):214-20. Health Policy

・Koike S, Ide H, Kodama T, Matsumoto S, Yasunaga H, Imamura T. Physician-scientists in Japan: attrition, retention, and implications for the future. Acad Med. 2012 May;87(5):662-7.

・Boateng SA, Kodama T, Sata F, Bonsu G, Osawa E. Community-involved strategy to improve tuberculosis (TB) treatment outcomes in Eastern Region of Ghana. J. Natl. Inst. Public Health.2012: 61(4)p.357-365.

・Toyokawa T, Sunagawa T, Yahata Y, Ohyama T, Kodama T, Satoh H, Ueno-Yamamoto, K, Arai S, Araki K, Odaira F, Tsuchihashi Y, Takahashi H, Tanaka-Taya K, Okabe N. Seroprevalence of antibodies to pandemic (H1N1) 2009 influenza virus among health care workers in two general hospitals after first outbreak in Kobe, Japan. J Infect. 2011 Oct;63(4):281-7.

・Kodama T, Nakagawa M, Arimura K, Koriyama C, Akiba S, Osame M. Cross-sectional analysis of neurological findings among healthy elderly: study in a remote island in Kagoshima, Japan. Neuroepidemiology. 2002 Jan-Feb;21(1):36-43.

総説

・Tomoko Kodama, Human resources of health for universal health coverage in Japan: in the era of COVID-19. J Natl. Inst. Public Health, 70 (1) : 2021.p13-21.

・児玉知子.保健医療における人的資源とSDGs.保健医療科学. 2019;68(5)395-401.

・川島(児玉)知子、大澤絵理、三浦宏子、岡本悦司.女性の健康度と関連する社会経済要因について‐国際比較および国民生活基礎調査分析‐.日本女性医学学会雑誌. 2018.25(2)126-133.

著書

・介護サービスにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防と管理.第2部.介護におけるCOVID-19パンデミック対応.2.3. p11.WHOポリシー・ブリーフ(翻訳協力) https://extranet.who.int/kobe_centre/sites/default/files/H24_20200724_JA_LTC_policy-brief.pdf

・児玉知子. 欧州・米国の希少疾患への取り組みと国際連携の動向.「希少疾患/難病の診断・治療と製品開発」(株)技術情報協会. p285-294. 2012.

・児玉知子、岡本悦司(訳). OECD編著. 医療の質国際指標2 -OECD医療の質指標プロジェクト報告書-. 東京.明石書店 2011.

学会発表

・児玉知子、佐藤大介 、大寺祥佑 、加藤源太.OECD保健医療の質指標におけるNDBデータの有効活用について.第58回日本医療・病院管理学会学術総会;2020年10月;博多.第58回日本医療・病院管理学会学術総会抄録集.

・児玉知子, 大澤絵里,浅見真理、戸次加奈江、松岡佐織、嶋根卓也、松本俊彦、三浦宏子、欅田尚樹、横山徹爾.日本におけるUniversal Health Coverageの達成状況と課題.第35回日本国際保健医療学会学術大会. グローバルヘルス合同大会2020.2020年11月.大阪.抄録集.P202.

・児玉知子.尾島俊之.近藤克則.地域高齢者の主観的健康観と社会参加活動の関連について.第31回日本疫学会学術総会;2021年1月;佐賀.第31回日本疫学会学術総会抄録集.

その他(受賞歴等)

公衆衛生専門家、社会医学系専門医・指導医

平成19年10月 第68回日本公衆衛生学会総会 優秀演題賞受賞
① 「受療行動調査を用いた医療評価について‐外来患者の時間分析‐」(研究代表・共著)
② 「女性医師コホートにおける診療科別の転科・休職・復職状況について」筆頭

平成28年11月 第31回日本女性医学学会学術集会 優秀演題賞受賞)
「女性の健康度評価と関連する社会経済要因について‐国民生活基礎調査分析より‐」筆頭