国際協力研究部

部長
町田 宗仁 MACHIDA Munehito

研究実績

原著論文

・Kitamura T, Bouakhasith V, Phounphenghack K, Pathammavong C, Xeuatvongsa A, Kobayashi A, Norizuki M, Okabayashi H, Miyano S, Mori Y, Takeda M, Sugiyama M, Mizokami M, Machida M, Hachiya M. Vaccine temperature management in Lao People’s Democratic Republic: A nationwide cross-sectional study. Heliyon, 2021; e07342.

・Akbari F, Machida M, Nakamura H, Nagase K, Goto A, Hara A. Lessons learned for reducing out of pocket health payment in Afghanistan: a comparative case study of three Asian countries. J Glob Health Sci. 2019 Dec; 1(2) e46.

・Norizuki M, Kitamura T, Komada K, Sugiyama M, Mizokami M, Xeuatvongsa A, Som-Oulay V, Vongphrachanh P, Machida M, Wada K, Ishii K, Kiyohara T, Wakita T, Hachiya M. Serologic testing of randomly selected children after hepatitis B vaccination: a cross-sectional population-based study in Lao People’s Democratic Republic. BMC Infect Dis.2019; 19(1): 507.

・町田宗仁,吉田和樹,弓屋結,後藤あや. 原子力災害後の福島県におけるヘルスリテラシー研修 ─普及促進のための効果的プログラムの検討─. Isotope News 2019; 761: 38-41. Sayo Hattori, Atsuro Tsutsumi, Munehito Machida, Graham Thornicroft. Mental health care in Japan: Balancing care in hospitals and in the community. Malaysian Journal of Public Health Medicine 2018; 18(2): 82-92.

・Kitamura T, Bouakhasith V, Phounphenghack K, Pathammavong C, Xeuatvongsa A, Norizuki M, Okabayashi H, Mori Y, Machida M, Hachiya M. Assessment of temperatures in the vaccine cold chain in two provinces in Lao People’s Democratic Republic: a cross-sectional pilot study. BMC Res Notes.2018; 11: 261.

・町田宗仁, 後藤あや, 熊谷敦史, 安井清孝, 吉田浩二, 小宮ひろみ. 保健師活動支援モデル「出前講座」~これまでの振り返りと今後の展望~. 福島県保健衛生雑誌 2018; 31(4):8-12.

・Cui X, Ohtsu M, Mise N, Ikegami A, Mizuno A, Sakamoto T, Ogawa M, Machida M, Kayama F.  Heavy metal exposure, in combination with physical activity and aging, is related with oxidative stress in Japanese women from a rural agricultural community. Springerplus 2016 Jun 24; 5(1): 885

・Ngoma AM, Goto A, Yamazaki S, Machida M, Kanno T, Nollet KE, Ohto H, Yasumura S. Barriers and motivators to blood donation among university students in Japan: development of a measurement tool.Vox Sang. 2013 Oct; 105(3): 219-24.

・Machida M, Sun SJ, Oguma E, Kayama F. High bone matrix turnover predicts blood levels of lead among perimenopausal women. Environ Res. 2009 Oct; 109(7): 880-6.

・Horiguchi H, Oguma E, Sasaki S, Miyamoto K, Ikeda Y, Machida M, Kayama F. Environmental exposure to cadmium at a level insufficient to induce renal tubular dysfunction does not affect bone density among female Japanese farmers. Environ Res. 2005 Jan; 97(1): 83-92.

・Horiguchi H, Oguma E, Sasaki S, Miyamoto K, Ikeda Y, Machida M, Kayama F. Dietary exposure to cadmium at close to the current provisional tolerable weekly intake does not affect renal function among female Japanese farmers. Environ Res. 2004 May; 95(1): 20-31.

・Horiguchi H, Oguma E, Sasaki S, Miyamoto K, Ikeda Y, Machida M, Kayama F. Comprehensive study of the effects of age, iron deficiency, diabetes mellitus, and cadmium burden on dietary cadmium absorption in cadmium-exposed female Japanese farmers. Toxicol Appl Pharmacol. 2004 Apr 1; 196(1): 114-23.

総説

・町田宗仁, 大澤絵里, 野村真利香, 曽根智史. 国際保健人材の育成のための望ましいキャリアパスとその支援に関する調査. 日本公衆衛生雑誌 2020.(in press).

・町田宗仁,堤敦朗.日本のUHCの経験を海外と共有する取り組み 保健医療科学 2017; 66(4): 374-80.

・野村周平, 町田宗仁, 渋谷健司.グローバルヘルス 日本の時代の到来.  週刊 医学のあゆみ 2017; 260(11): 997-1001. (週刊 医学のあゆみ 260巻11号 2017年3月18日号: 994-1001, 2017)

・町田宗仁. 日本におけるWHOコラボレーティングセンターの活動 月刊厚生労働 2013 Oct: 30-1.  (平成25年10月号)

・町田宗仁. 「相双地域医療従事者確保支援センター」の設置について. 公衆衛生 2012; 76(2): 167-9.

・岸本益実, 町田宗仁, 濱野芳江. イギリス(イングランド)の保健医療行政を調査して その1 イングランド地方における保健行政組織と新型インフルエンザ. 公衆衛生情報 2010; 40(9): 34-9.

・岸本益実, 町田宗仁, 濱野芳江. イギリス(イングランド)の保健医療行政を調査して その2 ロンドンの保健行政組織とプライマリ・ケア・トラスト. 公衆衛生情報 2010; 40(10): 40-3.

・岸本益実, 町田宗仁, 濱野芳江. イギリス(イングランド)の保健医療行政を調査して その3 リバプールのプライマリ・ケア・トラストと健康格差への取り組み. 公衆衛生情報 2011; 40(11): 50-5.

・岸本益実, 町田宗仁, 濱野芳江. イギリス(イングランド)の保健医療行政を調査して その4 英国における公衆衛生看護活動について. 公衆衛生情報 2011; 40(12): 46-52.

・町田宗仁. 第2回アジア太平洋地域災害行政研修レポート. 公衆衛生情報 2003; 33(3): 42-4.

・町田宗仁. 特集 精神科救急の実情と課題 消防機関が行う救急搬送について. 日本精神科病院協会雑誌 2003; 22(7): 23-6.

著書

・中村安秀,丸井英二(以上、監訳者),江副聡,小野崎耕平,大久保貴之,大竹雄二,松原彩子,町田宗仁,湯井真紀子,松浦広明,副島久美子,都竹茂樹(以上、共同翻訳者),Marc Roberts, William Hsiao, Peter Berman, Michael Reich(以上、共著者): 実践ガイド 医療改革をどう実現すべきか Getting Health Reform Right. 東京: 日本経済新聞社. 2010.

・町田宗仁. 第1章・救急医療システム. 佐々木昌一, 町田宗仁, 小林国男, 杉山貢, 多治見公高, 編. 病院前救護とメディカルコントロール. 東京: 医学書院. 2005; 338.

学会発表

・町田宗仁, 中谷香, 後藤あや. 活動報告 グローバルヘルスとUHCのためのパートナーシッププロジェクト. 第78回日本公衆衛生学会総会. 高知県高知市. 2019年10月.

・町田宗仁,大澤絵里,野村真利香,曽根智史. 国際保健政策人材に求められるキャリアパスおよびコンピテンシーの抽出. 第77回日本公衆衛生学会総会.福島県郡山市. 2018年10月.

・町田宗仁. 日本のUHCを海外へ紹介する取組ミャンマー保健システム強化プロジェクト. 第76回日本公衆衛生学会総会. 鹿児島県鹿児島市.2017年11月.

・小岩和枝, 三枝祥子, 大井香奈, 竹花まゆみ, 町田宗仁. 母子保健について保健福祉事務所の担う役割を考える. 平成22年度長野県庁健康づくり研究討論会. 長野県長野市. 2011年2月. 

・町田宗仁. 佐久地域災害時医療救護活動マニュアルについて. 第44回小諸北佐久医学会. 長野県小諸市.2011年2月. 

・緒方剛, 早坂信哉, 中西好子, 吉村健清, 荒田吉彦, 町田宗仁, 古屋好美, 伊藤正寛,岩本治也, 小林良清, 山口亮, 角野文彦, 中原由美. 保健所の新型インフルエンザへの対応に関する調査. 第69回日本公衆衛生学会総会. 東京都千代田区. 2010年10月.

・成見みゆき, 高橋初江, 町田宗仁, 小林良清. 市町村所有施設における受動喫煙防止状況について ~5年間の取り組みからみえるもの~. 第4回信州公衆衛生学会総会.  長野県松本市. 2009年8月. 

・町田宗仁, 堀口兵剛, 香山不二雄. インド・ケララ州におけるHIV対策の事例. 第65回日本公衆衛生学会総会. 富山県富山市. 2006年10月.

・町田宗仁, 堀口兵剛, 小熊悦子, 香山不二雄. 農村女性における閉経前後での血中鉛濃度の変化. 第74回日本衛生学会総会. 東京都文京区. 2004年3月.

・中川隆, 石原晋, 有賀雄一郎, 町田宗仁. 米国におけるAutomated External Defibrillator,Public Access Defibrillationの現状. 第30回日本救急医学会総会・学術集. 北海道札幌市. 2002年10月.