国立保健医療科学院

Copyright © 2004 by Health and Welfare Services, National Institute of Public Health. All rights reserved.


療養病床の適切な転換支援研修について


 療養病床の再編成に関連して、国立保健医療科学院では平成19年度から「療養病床の適切な転換支援研修」として、療養病床を有する医療機関等の事業者及び自治体担当者を対象として、転換を支援するための研修を実施しております。
 また研修において使用したテキストを元に「療養病床転換ハンドブック」を作成し公表しております。
 現在、平成24年度版・平成23年度版・平成22年度版・平成21年度版・平成20年度版・平成19年度版・平成19年度版別冊 の7種類のPDFファイルをご提供しています。


平成24年度版

※平成24年度版についての訂正(2014/07/23記)

30ページに誤りがあり、ファイルを正しいものと差し替えました。
お詫びして訂正いたします。


平成23年度版


平成22年度版


平成21年度版

※平成21年度版についての訂正(2010/05/17記)

40ページ「施設基準一覧」表中の「主な職員配置基準」
「病院の医療療養病床」では「介護支援専門員(計画作成担当者)」は不要です。「常勤1以上・100:1以上」とありますが、お詫びして訂正いたします。


平成20年度版

※注(2009/05/26追記)
「療養病床転換ハンドブック 平成20年度版」の「6章 病床転換助成事業Q&A」(p.44〜51)は、病床転換助成事業(医療療養病床からの転換に関する助成。ハンドブックp.42に記載)についてのQ&Aです。
市町村交付金(介護療養病床からの転換に関する助成。ハンドブックp.43に記載)については、6章のQ&Aは該当いたしませんので、ご注意ください。

平成19年度版


※ 平成19年度版についての訂正

『療養病床転換ハンドブック 平成19年度版』について以下のように訂正いたします。

『療養病床転換ハンドブック(別冊)転換を検討されている方に』について以下のように訂正いたします。


お問い合わせは国立保健医療科学院 医療・福祉サービス研究部までお願いいたします。
  FAX: 048-468-7985(医療・福祉サービス研究部)


国立保健医療科学院のページへ