概要

国立保健医療科学院外観 国立保健医療科学院は、保健、医療、福祉に関係する職員などの教育訓練や、それらに関連する調査及び研究を行う機関として設置されています。

本院の教育訓練は、現に保健、医療、福祉に従事している職員(医師・歯科医師・薬剤師・獣医師・看護師・保健師・助産師・管理栄養士・診療放射線技師・臨床検査技師・病院の幹部職員・社会福祉関係職員など)やこれから従事しようとする人々に対して、専門的な教育を行い我が国の保健、医療、福祉の向上および改善を図ることを目的としています。

めざましい科学技術の進歩や高度情報化、そして地球環境の著しい変化は、国民の生命や健康に影響を及ぼす新たな課題を提起しております。また、急激に進む少子高齢化によって、年金、医療、介護などの領域における既存の制度の見直しや新たな施策の展開が喫緊の課題となっております。

このような状況の下、保健、医療、福祉に関係する職員、とりわけ技術系職員の果たす役割はますます重要となり、高度専門技術者の養成はまさに本院の社会的使命と言えます。

 

沿革

国立保健医療科学院は、国立公衆衛生院、国立医療・病院管理研究所及び国立感染症研究所・口腔科学部の一部を統合し、保健医療事業及び生活衛生に関係する職員並びに社会福祉事業に関係する職員等の養成及び訓練、並びにこれらに関係する調査及び研究を行う新たな機関として平成14年4月1日、設置された。

平成23年4月に組織改正を行い現在、9統括研究官、6研究部、1センターにおいて教育研究並びに研究を担当しており、国の政策や現場のニーズに的確に対応した研修を数多く実施している

国立公衆衛生院の沿革

国立公衆衛生院 国立公衆衛生院は、我が国の公衆衛生の改善向上を期するために、公衆衛生技術者の養成及び訓練並びに公衆衛生に関する調査研究機関として米国ロックフェラー財団の経済的援助により、昭和13年3月29日公衆衛生院官制が公布され、厚生省所管として設立された。
昭和15年に、内務省所管の栄養研究所を併せ「厚生科学研究所」と改称、昭和16年に文部省所管の体育研究所の研究部門の一部がこれに併合された。昭和17年11月戦時体制下の行政簡素化の方針により、厚生省所管の研究所は全て統合することとなり、人口問題研究所、産業安全研究所と共に「厚生省研究所」が創設され、その中で、厚生科学部及び養成訓練部の事業を行った。
昭和21年5月、終戦と共に、厚生省研究所官制は廃止され、再び「公衆衛生院」となった。
昭和22年8月、国立栄養研究所の設立に伴い国民栄養部が移管され、昭和23年5月には、機構の改組が行われた。
昭和24年6月1日に、厚生省設置法(昭和24年法律第151号)の施行により、「国立公衆衛生院」と改称され、以来、内部組織の拡充等の変遷を経て、我が国の公衆衛生の向上に寄与してきた。

国立医療・病院管理研究所の沿革

国立医療・病院管理研究所は、厚生省の直轄試験研究機関として、昭和24年6月、国立東京第一病院(現・国立国際医療センター)内に病院管理研修所として設立された。
昭和31年3月、日本医療団の清算余剰金をもって、国立東京第一病院内に病院管理研修所の建物が建設された。
昭和36年研究体制の整備と共に、「病院管理研究所」と改称された。
平成2年7月、組織改正が行われ、これまでの病院管理に関する調査研究に加えて、医療のシステム化を推進するため、医療の普及向上に関する調査研究及び医療機関の整備改善に関する調査研究を行うこととし、「国立医療・病院管理研究所」に改称された。
平成4年8月、国立病院医療センター(現・国立国際医療センター)の隣接地に厚生省戸山研究庁舎が完成し、国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)、国立健康・栄養研究所(現・独立行政法人 国立健康・栄養研究所)とともに移転し、3つの研究所と国立病院医療センターを総称し、戸山保健医療共同研究センターとしての活動の一翼を担った。

国立感染症研究所・口腔科学部の沿革

国立感染症研究所 国立保健医療科学院口腔保健部の前身である国立感染症研究所口腔科学部は、国立予防衛生研究所(予研)歯科衛生部で、昭和33年(1958年)1月1日に予研品川庁舎に新設された。
予研は昭和22年、東京帝国大学伝染病研究所(伝研)から分離して厚生省に所属となった研究機関である。
平成4年8月、戸山研究庁舎へ移転し、部の名称が口腔科学部となった。
平成9年、予研は、国立感染症研究所(感染研)に改称かれた。

所掌事務は、口腔に関する疾病の病原及び病因の検索並びに予防治療方法の研究並びにこれらに関するレファレンス業務である。平成14年4月、感染研口腔科学部は、歯科医療における感染症危機対策のため口腔感染症業務を感染研に残し、国立保健医療科学院口腔保健部に移管された。

パンフレット

パンフレット 国立保健医療科学院のパンフレットをこちらからご覧いただけます。

PDF 国立保健医療科学院パンフレットPDF(4.9MB)

英語版はこちら
PDF 国立保健医療科学院パンフレット EnglishPDF(3.7MB)

国立保健医療科学院のロゴマークとモニュメント

国立保健医療科学院ロゴマーク 血球あるいは種子をイメージし、
健康・Healthの”H”と開花する生命をイメージしています。

モニュメント