根拠法令
事業の事例など
啓発資料
マニュアル・手引き類
学術情報
データ
基礎知識
災害対策
リンク
行歯会ご要望・ご意見


全国乳幼児歯科健診結果

 全国の各地方自治体(市区町村)では、1歳6ヶ月児と3歳児に対して乳幼児歯科健診が実施されていますが、そのデータは厚生労働省が行う「地域保健・健康増進事業報告」の一環として各市区町村・都道府県を経て、全国データとして取りまとめられ、歯科保健推進のための基礎資料として広く活用されています。【

目的:
 全国の乳幼児のう蝕有病状況をはじめとする歯科保健の現状を把握すること。

調査実施:
 毎年

調査対象:
 全国市区町村で実施されている1歳6ヶ月児と3歳児を対象とした乳幼児歯科健診の受診者全員

主な調査項目:
 う蝕の有病状況(有病者率、一人平均う歯数)、咬合異常、軟組織の異常など

データ
 単年度データ
  都道府県・政令指定都市・中核市・保健所政令市・特別区別
  平成26年度 [データソース]
  平成25年度
  平成24年度
  平成23年度
  平成22年度
  平成21年度
  平成20年度
  平成19年度
  平成18年度
  平成17年度
  平成16年度
  平成15年度
  平成14年度

  市区町村別
  平成26年度 [データソース]

 経年データ(平成14〜25年度)
  ※ Excelのピボットテーブルで経年比較などが可能です。
  1歳6ヶ月児歯科健診データ [読む]
  3歳児歯科健診データ [読む]


【注】平成25(2013) 年度データまでは厚生労働省健康局母子保健課が全国データの取りまとめを行っていましたが、平成26(2014)年度データより、上述したように「地域保健・健康増進事業報告」の一環としてデータが公表されるようになりました。